美しく痩せるためのダウンタイムのない方法・脂肪溶解注射について

溶解脂肪クリニック

いろんな痩身術

痩せた体

美容整形外科の技術は年々向上している。これは、人々の美に対する興味の高さが影響している。このため、がんや心臓の手術と同じ速度で新しい美容整形の方法が生み出されているのである。脂肪を除去し、美しいプロポーションにする方法としては、脂肪吸引手術やボトックス注射、電極針、脂肪溶解注射などを使う方法などがある。この中でも、脂肪吸引はカテーテルを差し込み、直接脂肪を吸い込む方法と、超音波や冷やす施術で脂肪細胞を破壊する方法などがある。脂肪吸引や超音波などでは、スムーズに脂肪を吸引するために、始めに脂肪を溶かす前準備をする。脂肪は液体ではなく、細胞に詰まった状態で存在し、その中には毛細血管も通っているので、脂肪を柔らかくしなければならないのである。

脂肪溶解注射は、注射で薬物を注入し、脂肪吸引と同じく脂肪を排出させる方法を取る。脂肪吸引と脂肪溶解注射が違うのは、カテーテルを挿入する必要がないということである。この薬剤は脂肪と反応し、脂肪を溶かす役割を果たしており、溶けた細胞は外に排出される。排出のされかたは、脂肪細胞が破壊され、オイルのみとなるので、血管やリンパを通して尿などとともに排出されるという過程である。脂肪溶解注射の成分によっては、アレルギーを起こす人もいるので、施術を検討するひとは、あらかじめカウンセリングをしっかりと受け、アレルギーなどの情報を伝える必要がある。脂肪細胞自体が溶け出すため、脂肪細胞の数が少なくなり、リバウンドしにくいといった特徴がある。

どうにかしたい余分な脂肪。辛いダイエットやエクササイズを続けてなくすのはとても難しく、リバウンドを繰り返してしまいます。すぐにでも理想の体型を手に入れたいと、誰もが望むことでしょう。そんな中、最近注目されているのが、美容外科で扱う脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射は、メソセラピーとも呼ばれている、脂肪を分解する作用を持つ薬剤を目的の部位に注射することで、脂肪の溶解と排出を促していくという、切らない脂肪吸引方法の一つです。メリットとしては、痩せたい部分に薬剤を注入する治療法ですので、痩せたい部分をピンポイントに治療することができることです。二の腕や太もも、お尻などについた脂肪は、運動やダイエットではなかなか落とすことが出来ません。そのような部位に治療するのが効果的であるといえます。つまり、ダイエットでは改善の難しいセルライト除去に適しています。

脂肪溶解注射における現在の取り組みは、脂肪溶解薬の品質と効果の向上です。個人の体質や脂肪に合った薬を使用して少量でも効果が実感できるように薬品の開発、改良に努めています。また、医師の手術技術の手術の向上も取り組みの一つです。まだ手術件数が少ないため、医師の知識と経験が不足しています。そこで、医師が更なる専門知識と経験を積んで安全な手術が行えるようになることが重要です。脂肪吸引するほどではないけれども、スピーディに痩せて理想のボディを手に入れたいと考える人に浸透してきているようです。脂肪溶解注射は、美容外科で取り扱っているので、気軽に受けられる治療であるとして、ますます注目度が高まっている治療方法であるといえます。

↑ PAGE TOP