美しく痩せるためのダウンタイムのない方法・脂肪溶解注射について

溶解脂肪クリニック

ダウンタイムについて

実感している女性

脂肪溶解注射は、部分痩せできる美容整形術として注目されている。通常であれば長い間かかる脂肪燃焼が、短い間で行なうことができるということで、美容整形で行なう脂肪吸引は注目を浴びているのである。しかも、脂肪溶解注射には脂肪吸引に見られる一週間程度のダウンタイムがない。ダウンタイムは、切除術であれば、手術痕の腫れが引き、抜糸できる状態になることである。このため、切除術であれば、ダウンタイムの間は仕事を休む人も多い。脂肪吸引に関わる施術は、脂肪を切除するということはあまりない。しかし、細胞を破壊し、吸い込むため、脂肪組織の血管が多少傷つく、または、脂肪細胞が落ち着いて定着するために時間がかかることがある。脂肪吸引では、小さなカテーテルを差し込むだけのため、傷がつく範囲も少ない。

ダウンタイムが少ない施術方法は年々多く生み出されてきているが、脂肪溶解注射はその一つである。内出血なども起きることが少ないため、ダウンタイムが少ない施術方法として重宝されている。施術するときは、細い針で目的の場所に薬剤を注入していく。このため、カテーテルよりも小さな傷跡となるので、すぐに腫れも引く。脂肪は自然と排出されるので、吸引するときに体の中を探る必要もない。このため、脂肪溶解注射であれば、脂肪が落ち着くときの痛みもほとんどないのである。一度にできる注射の量は3本までとなっているが、分けて通院すれば、痛みを感じることなく少しずつ脂肪を溶かすことが可能である。脂肪溶解注射を施術する間隔は三日空けて行なうことになるので、適切におこなえば確実に見た目から変わってくる。

↑ PAGE TOP